個人再生すると家族カードは作れるのか?審査への影響は?

個人再生によって家族カードに影響はあるのか?

個人再生家族カード

 

個人再生を利用して債務整理する場合に、個人再生によって家族カードにどのような影響が出るのか心配で個人再生を躊躇する人もいるのではないでしょうか?

 

そこで個人再生を利用した場合の家族カードへの影響について詳しく説明していきたいと思います。

 

ではそもそも家族カードとはどのようなものなのでしょうか?

 

家族カードとは?

 

家族カードは契約した本人以外に家族もクレジットカードを使えるというサービスになります。

 

安定した収入がある契約者がいると、その家族は基本的に無審査で家族カードを利用することができるというサービスです。

 

家族カードの利用料金の請求は契約者に届くことになり、家族カードの限度額は契約者である本会員のクレジットカード利用限度額の範囲内になります。

 

つまり家族カードなら配偶者や子供で収入がない人でもクレジットカードを持つことができるということになります。

 

家族カードはこのような仕組みになっており、基本的にはクレジットカードと準ずるような形の制度になっていますが、個人再生によってどのような影響を受けるのでしょうか?

 

個人再生による家族カードへの影響は、誰が個人再生をしたかによって影響は全然違ってきます

 

具体的には、個人再生をしたのが、契約者なのか、それとも契約者の家族なのかによって違ってくるということです。

家族カードの契約者が個人再生をした場合

家族カードの契約者が個人再生をした場合

 

家族カードの契約者が個人再生によって債務整理をした場合には注意が必要です。

 

契約者が個人再生をして債務整理をした場合には、、一般的なクレジットカード利用の場合と同様に、クレジットカードのローンが個人再生によって一部が踏み倒される形になるのでカード利用が停止されてしまいます

 

そのため契約者が個人再生で債務整理をすると、家族カードが利用できなくなってしまいます

 

個人再生は債務整理対象にする借金を選択できないので、家族カードを利用している場合には、家族カードも個人再生の対象になってしまうと思っていいです。

 

そうなると信用情報がブラックリストに入ってしまうので、家族カード以外のクレジットカードも利用できなくなってしまいます。

 

つまり家族カードの契約者が個人再生をしてしまうと、その家族カードを利用している子供や妻等のカードも利用できなくなってしまうということです。

 

家族カードの契約者が個人再生をすると、家族カード全てが利用できなくなってしまうので、家族カードを使っているような場合にはあらかじめ利用停止の覚悟が必要です。

 

個人再生を家族に内緒で行いたいと思っている場合には、家族カードが利用できなくなることで、家族に個人再生を行ったことがバレる可能性があるので注意が必要です。

家族カードの契約者以外の人が個人再生した場合

家族カードの契約者以外の人が個人再生した場合

 

家族カードの契約者以外の人が個人再生をした場合には、基本的に家族カードに影響はないと考えて大丈夫です。

 

契約者でなくても、個人再生などの債務整理をするとクレジットカードなどが一切使えなくなってしまうので、家族カードも使えなくなってしまうのではないかと不安に思う人もいるようですが、心配する必要はないです。

 

そもそも家族カードって契約者がまとめて利用料金を支払っているので、契約者以外の人が個人再生で債務整理したとしても、支払に影響ってないんですよね。

 

カード会社としてはカード料金の支払に影響がなければ、家族カードの契約者以外の人の経済状況なんてわからないんですよね。

 

家族カードでは契約者は審査が必要ですが、契約者以外の利用者については無審査でカードを持てるので、契約者以外の人についてはあまり気にしてないということです。

 

そのため家族カードの場合には、契約者の経済状況は大事ですが、それ以外の人の経済状況ってあまり関係ないということなんですよね。

 

家族カードの契約者以外の人が個人再生をする場合なら、家族カードは引き続き利用することができるので安心してください。

個人再生した場合に家族カードの新規に作ることや契約更新は可能なのか?

個人再生した場合に家族カードの新規に作ることや契約更新は可能なのか

 

個人再生をした場合に家族カードを新規で作成したり、契約更新することができるのか気になっている人も多いかと思います。

 

そこで家族カードの契約者の視点で、新規の審査に通るのか、また契約更新が可能なのかについて解説していこうと思います。

 

個人再生後に新規に家族カードを作る場合

 

個人再生後の家族カードを作る場合に、最低でも5年間は待つ必要があります

 

理由はクレジットカードの場合と同様で、5年間経過しないと信用情報がブラックリストから消えないためです。個人再生などの債務整理をすると信用情報がブラックリストに掲載されてしまい、家族カードを申し込んだとしても審査に落ちてしまいます。

 

そのため信用情報がブラックリストから削除されるまでの5年間は、新規に家族カードを申し込んだとしても、確実に審査で落とされてしまいます。

 

そのため新規に家族カードを作るためには最低でも5年間は様子を見る必要があります。

 

個人再生後に家族カードの契約更新は可能なのか?

 

個人再生で家族カードが債務整理対象になると利用停止になるということは説明しましたが、家族カードにローンが無い状態だった場合はどうなのでしょうか?

 

家族カードにローンが無い状態ならば、契約者が個人再生をしたとしても、カード会社に損失が発生するわけではないので、個人再生がバレないと考える人もいると思います。

 

確かに個人再生をしたとしてもローンがなければ、個人再生によってカード会社に損失はでないので、そのまま家族カードが利用できる可能性があります。

 

しかし実際には、カード契約更新の際に個人再生したことがバレてしまい、家族カードの契約更新がなされないのが一般的です。

 

理由はカード会社はカード更新の際に信用情報をチェックするので、そこで個人再生をしたことがバレるからです。

 

仮に個人再生で損失が発生して無いとしても、カード会社としては借金で個人再生をした人にクレジットカードを持たせる怖いですからね。契約更新の際に審査で落とすのは当然のことです。

 

契約者が個人再生した場合には、カードの更新は不可能なのはもちろんですが、新規にカードを作るためには5年間という期間が必要になってきます。

 

その間はクレジットカード自体も利用できなくなってしまうので、デビットカードなどを変わりに使っていくことになります。

 

デビットカードは口座から直接引き落とされるので、個人再生を利用した場合でも利用することができます。

 

債務整理を利用して、クレジットカードが利用できない人は、クレジットカードの代わりにデビットカードを利用しているケースも多いので、検討してはどうでしょうか。

個人再生を検討しているなら弁護士に相談しよう!

個人再生を検討しているなら弁護士に相談

 

家族カードでは契約者が個人再生すると利用できなくなるが、契約者以外の人が個人再生しても家族カードは利用できるというような仕組みがあり、こういった個人再生による影響は色々なところで発生します。

 

個人再生は借金返済で困っている人からすると、借金の負担を大きく軽くしてくれる非常に優れた制度です。

 

しかししっかりと個人再生の仕組みを理解してないと、個人再生後に思わぬデメリットに気づくということになる可能性があります。

 

個人再生は法律に詳しい人なら自分で手続きできる可能性もありますが、自分で手続きするのは手間がかかるのはもちろんですが、個人再生後に何か合った場合に、どこにも相談することができないです。

 

また個人再生を自分で行うと、後から予期しなかったデメリットが発生して困る事もあります。

 

そのため個人再生を行う場合には弁護士に相談して、手続きを弁護士にお願いするのが普通です。

 

弁護士に手続きを依頼すれば、実際に手続きを行なう前に、個人再生による生活への影響などについて詳しく説明してくれるので、後で後悔する事がないです。

 

また、個人再生後に返済が難しくなったり、何かトラブルがあった場合にも相談することができるので助けられることが多いです。

 

当サイトでは個人再生を含めて借金返済について困っている人向けに無料相談を行っている弁護士事務所をいくつかピックアップしているのでよかったら参考にしてください。

 

無料でメールや電話で相談を受け付けているので、個人再生を検討しているなら気軽に相談するといいと思います。

 

個人再生の無料相談が可能なおすすめ弁護士事務所

 

無料相談可能なおすすめ弁護士事務所はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加