個人再生によるスマホや携帯電話の機種変更やローン購入の影響

個人再生するとスマホや携帯電話の機種変更や割賦分割購入ができない?

個人再生スマホ携帯電話分割購入

 

個人再生をするとスマホや携帯電話を機種変更する場合や、新規にスマホや携帯の機種を購入する場合に割賦分割購入できない場合があります。

 

個人再生に限ったことではないですが、債務整理すると基本的に金融業者からの借金を踏み倒すことになってしまうので、信用情報がブラックリストに掲載されてしまいます。

 

信用情報がブラックリストに掲載されるとスマホや携帯電話購入に影響する

 

個人再生などの債務整理をすると、金融機関などが共有している信用情報のデータベースにブラックリストとして掲載されてしまいます。

 

このブラックリストに掲載されるとローン審査やクレジットカード作成などに影響が出るようになってしまいます。

 

そのため新たにスマホや携帯電話を機種変更したり、新規に機種を購入する場合には、この信用情報のブラックリススト掲載が影響して、分割購入することができなくなってしまいます。

 

これは分割購入がローンとみなされてしまうことで発生することで、債務整理すると基本的にこういった分割購入することはできなくなると思ったほうがいいです。

 

個人再生後はスマホや携帯電話は一括購入という選択肢しかない

 

個人再生をするとスマホや携帯電話を分割で割賦購入することができなくなるので、基本的一括で購入する必要があります。

 

とは言っても最近だと格安スマホなど、機種の値段もそこまで高額でないものもあったりするので、機種をそこまで選ばなければ苦労することはないと思います。

 

アイフォンなどを好んで使っている場合には一括購入が難しい場合もありますが、そこは我慢が必要だと思ったほうがいいと思います。

 

しかしこういった分割購入できないという縛りは一生続くわけではないので、ある程度の期間が経過すると普通に分割購入できるようになります。

個人再生後にスマホや携帯電話を分割購入できるようになるのはいつから?

個人再生スマホ携帯電話分割購入時期

 

個人再生などの債務整理をして、スマホや携帯電話を機種変更する場合や新規購入する場合に割賦分割購入できなくなるのは5年間から10年間くらいだと思っておくといいです。

 

債務整理方法や信用情報機関によって制限を受ける期間は違ってきますが、個人再生の場合には最低でも5年間はスマホや携帯電話を分割購入できないと思っておいたほうがいいと思います。

 

この5年間以上が経過すると、信用情報機関のブラックリストが解除されるようになるので、普通にスマホや携帯電話の機種変更や新規購入する際に分割で購入することができるようになります。

 

銀行関連のローンの場合だと個人再生の場合10年が必要になってくるので、どのような分割購入形式なのかを確認してみるといいです。

 

ブラックリスト解除時期については信用情報機関によって違ってくるので、よくわからない場合には弁護士に相談して詳しいブラックリスト解除の時期を聞いてみるといいと思います。

個人再生する場合に現在のスマホや携帯電話の契約はどうなる?

個人再生スマホ携帯電話契約

 

個人再生する場合に、スマホや携帯電話の機種変更や新規購入については分かったと思いますが、現在保有しているスマホや携帯電話への契約はどうなるのでしょうか?

 

これはスマホや携帯料金を滞納しているかどうかということはもちろんですが、スマホや携帯電話の機種料金を分割で支払っているかどうかによっても違ってきます。

 

そのため分かりやすくケース別に見ていきましょう。

 

個人再生によるスマホや携帯電話の契約への影響について

 

スマホや携帯料金を滞納してなくて機種料金も払い終わっている場合

 

スマホや携帯電話の料金を滞納してなくて、機種の代金も支払い終わっているような場合なら、個人再生による影響を受けずに、そのままスマホや携帯電話引き続き使うことができます

 

料金を滞納してなくて機種料金も払い終わっているなら、個人再生しても債務整理されてしまうようなものはないので、普通にこれまでどおりに契約を続けられるということになります。

 

ただスマホや携帯電話の機種変更などをする際には、分割購入できないというデメリットは発生してしまいます。

 

スマホや携帯電話料金を滞納しており、機種料金は支払い終わっている場合

 

スマホや携帯電話の基本料金などを滞納している場合には、個人再生によってその滞納料金分が債務整理されてしまうことになります。

 

個人再生によって滞納料金部分が債務整理されてしまうと、滞納分の一部を踏み倒すことになるので、当たり前ですが回線が利用できなくなります

 

機種代金は支払い終わっているのでそのまま利用することができますが、滞納分を払わないとスマホや携帯電話は利用できないので注意が必要です。

 

とは言っても滞納分を払えば利用することができるので、回線料金については比較的甘い対応だと思います。

 

スマホや携帯電話料金の滞納はなく、機種料金を分割払いしている場合

 

スマホや電話の料金の滞納がなくて、機種料金を分割払いしているというケースは比較的多いと思いますが、この場合が一番対応が厳しいですね。

 

基本的にスマホや携帯電話の基本料金を滞納してないなら回線契約はそのまま普通に利用することができます

 

しかし個人再生すると分割払いしている端末料金も債務整理されてしまうので、端末料金を踏み倒すことになってしまいます。

 

個人再生の場合にはすべての債務が対象になるので、意図してなくても勝手に分割払いの端末も債務整理対象になるので、そうなると端末が利用できなくなってしまいます

 

個人再生によるスマホや携帯電話の契約についてはこのようになっており、端末料金を分割払いしていると端末が債務整理されてしまって利用できなくなってしまいます。

個人再生前にスマホや携帯電話の契約状況を弁護士に相談しよう!

個人再生スマホ携帯電話弁護士

 

個人再生は借金の減額率が比較的高い債務整理方法で、住宅ローンを支払っている自宅を残せるということで利用する人も多い債務整理方法です。

 

しかし上記のようにスマホや携帯電話などの契約にも影響が出る場合があるので、利用する際にはしっかりと弁護士に事前に相談してから利用するようにするといいです。

 

個人再生の場合だと端末料金分割払いしていたり、回線料金を滞納している場合だと、その料金が債務整理されてしまってスマホや携帯電話が利用できなくなります。

 

しかし仕事でどうしても必要という状況だったり、分割払いの残り金額が少ない場合には、弁護士にあらかじめ相談しておくことによって、裁判所と交渉して引き続き利用できる可能性もあります。

 

ただこうしたことはあらかじめ個人再生を行っている債務整理に対応している弁護士事務所に相談しておく必要があります。

 

とは言っても、いきなり弁護士に相談するのって勇気がいるので、まずはどれくらい借金が減額できるのかというシミュレーションを利用してみるといいです。

 

下記のサービスは匿名で借金減額のシミュレーションができる無料サービスです。匿名で利用できるので気軽に試してみてください。

 

匿名で無料利用できる借金返済シミュレーション