個人再生によるインターネットのプロバイダ契約や料金への影響

個人再生をするとインターネットのプロバイダ契約や料金はどうなるのか?

個人再生インターネット

 

個人再生は債務整理方法の中の一つの方法ですが、そういった中で、個人再生を利用するとインターネットのプロバイダ契約や料金に何か影響があるのかと気になる人も少なくないようです。

 

もし個人再生の影響によってインターネットが利用できなくなってしまったら、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。

 

個人再生で借金返済できたとしても、その影響でインターネット契約が破綻してしまったら、生活ができなくなってしまうということもありえます。

 

では個人再生をするとインターネットのプロバイダ契約や料金などにどのような影響が出るのでしょうか?

 

インターネット料金を滞納している場合と、滞納してない場合に分けて説明しようと思います。

 

個人再生によるインターネットのプロバイダ契約や料金への影響とは

 

インターネットのプロバイダ料金等を滞納してない場合

 

個人再生をする際にインターネットのプロバイダ料金などの費用を滞納してないようなら、個人再生をしたとしてもプロバイダや回線契約に何か影響が出るということはないです。

 

個人再生後も普通にインターネットを利用することができるので、債務整理したとしてもインターネット環境に影響はなです。

 

個人再生をしても、料金を滞納してないなら債務整理したことを理由にして契約解除される心配はないので安心してください。

 

インターネットのプロバイダ料金等を滞納している場合

 

インターネットのプロバイダ料金を滞納している場合には、個人再生によって債務整理してしまうと、滞納料金分が個人再生の対象になってしまうので、滞納料金の一部を踏み倒すことになってしまいます。

 

個人再生の場合には債務整理する借金を選択することはできないので、料金を滞納しているような場合には、どうしてもネット料金も債務整理対象になってしまいます。

 

インターネットのプロバイダ料金を踏み倒してしまったら、当然ですが最終的にインターネットの回線契約やプロバイダ契約が解除されてしまう可能性があります。

 

個人再生をする場合のインターネット回線やプロバイダへの影響については、料金を滞納しているかどうかによって大きく違ってくるということが分かると思います。

個人再生でプロバイダ契約や回線契約が解約されないようにするにはどうすればいい?

個人再生インターネット解約

 

個人再生によってプロバイダ料金や回線料金の滞納料金分が債務整理されてしまうと、滞納料金の一部を踏み倒すことになってしまうので、インターネットが利用できなくなります。

 

それなら個人再生前にあらかじめ滞納料金分をまとめて支払ってしまえばいいのでは?と思うのが普通だと思います。

 

滞納料金分はおそらくそこまで多額な金額ではないので、支払おうと思えば個人再生前に支払うことができると思いますが、そんなに簡単な問題じゃないんですよね。

 

個人再生前に特定の債務を支払うのはNG

 

個人再生に限ったことではないですが、債務整理前に特定の借金だけを返済すると、他の債権者の利益を害する行為とみなされて、個人再生の許可が下りない可能性があります。

 

個人再生によるネット契約解除を避けるためにしたことによって、個人再生自体が利用できなくなったら意味がないですからね。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

別のプロバイダや回線等を利用する

 

個人再生によってプロバイダ契約などを解除されてしまった場合には、別のプロバイダを利用することになると思ったほうがいいです。

 

できれば利用できなくなったプロバイダ系列とは違った会社を利用するようにするといいです。

 

また他の借金で該当プロバイダ系列のサービスを債務整理している場合には、社内ブラックという社内でのブラックリストに掲載されている可能性があるので、そういった部分も配慮するといいです。

 

例えば、ソフトバンクのスマホ料金も債務整理してしまって後に、新たなプロバイダで「ソフトバンク光」等を契約するというような場合です。

 

違うサービスでも系列会社なので、断られる可能性がゼロではないということです。

 

そのためまったく債務整理した会社とは関係ないサービスを利用するようにするといいです。

 

個人再生の変わりに任意整理を利用する

 

個人再生による回線契約やプロバイダ契約の解除をどうしても避けたいような場合には、個人再生ではなく任意整理を検討するといいと思います。

 

任意整理の場合には債務整理の対象になる借金をこちらで選択することができるので、インターネット関連の債務を除外して債務整理することができます。

 

ただ任意整理は個人再生よりも借金の減額幅が大きくないので、あまり借金の金額が大きいような場合には注意が必要です。

 

個人的には別のプロバイダ等を利用してしまった方が手早いように感じますね。

 

このあたりは人によって事情は違ってくると思うので、弁護士などと相談して選択するといいです。

個人再生は後はクレジットカードでの料金支払はできないので注意しよう!

個人再生インターネット料金

 

個人再生後はネットの新規契約も含めて普通に利用することができますが、その際にクレジットカードでの料金支払ができなくなるということは知っておきましょう。

 

人によってはこれまでインターネットプロバイダ料金や回線料金をクレジットカードで支払ってきたという人も少なくないと思いますが、個人再生後はクレジットカードが使えなくなります

 

これは個人再生に限ったことではないですが、債務整理するとクレジットカードを含めてローンやキャッシングなどが利用できなくなるので、あらかじめネットの支払い方法を変えておく必要があります。

 

個人再生後はクレジットカード払いの料金支払の変更を忘れないように!

 

個人再生後はクレジットカードが利用できなくなるので、そのままインターネット契約の支払をクレジットカードにしていると、クレジットカードが利用できなくなることによって料金が引き落とせなくなります

 

そうなるとネット料金を滞納することになり、いつの間にかインターネット契約が強制解約されてしまう可能性があります。

 

そのため個人再生前にあらかじめ回線やプロバイダ料金の支払を口座引き落としコンビニ払いなどの方法に変えておくことが必要になってきます。

 

あるいはクレジットカードの代わりにデビットカードを利用するのも一つの方法だと思います。

 

ネット契約に限ったことではなく、クレジットカードで毎月決済しているようなサービスがある場合には、個人再生前にあらかじめ支払い方法を変えておくようにしましょう。

個人再生によるネット契約や料金の影響は弁護士に相談しておこう!

個人再生インターネット弁護士

 

個人再生で借金を債務整理する場合にはインターネットのプロバイダや回線料金を含めて色々な影響が出てくるので注意が必要です。

 

当サイトでも個人再生後の生活への影響について色々と掲載していますが、このインターネットのプロバイダや回線については影響の一つに過ぎないです。

 

個人再生は非常に優れている債務整理方法ですが、しっかりと手続き後の生活への影響について理解してないと、思わぬことになる可能性があります。

 

インターネットプロバイダや回線料金の場合だと、上記で解説している決済方法についての変更がいい例だと思います。

 

滞納がなければ個人再生後も普通に利用できますが、それに油断して決済方法をクレジットカードのままにしていたら、カードが利用できなくなっていたことを忘れて、そのままネット料金を滞納し続けて、いつの間にか強制解約なんていう落とし穴もあります。

 

そのため個人再生前には事前準備が必要で、そのためにはあらかじめ弁護士などの専門家に相談しておくことが大事になってきます。

 

またインターネットプロバイダや回線料金を滞納している場合でも、料金が少額な場合なら、あらかじめ弁護士に相談しておくことによって、裁判所と交渉してもらって滞納分を払うことが可能な場合もあります。

 

弁護士にあらかじめしっかりと借金の状況を説明しておくと、その人の状況に合わせて色々な方法を弁護士は検討してくれるので、一度相談してみるといいです。

 

無料相談を利用したとしても個人再生しないといけないということはないので、気軽に自分の借金情況について話してみるといいです。

 

当サイトではメールや電話で気軽に相談できるような弁護士事務所をいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。

 

個人再生の無料相談が可能なおすすめ弁護士事務所

 

無料相談可能なおすすめ弁護士事務所はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加