個人再生の無料相談可能なおすすめ弁護士事務所ランキングを紹介

個人再生で奨学金を債務整理した場合の影響

個人再生奨学金

 

個人再生で奨学金を債務整理するということは普通にありえることです。

 

近年は奨学金が払えなくて、債務整理して借金を返済するという人が増えてきているというのはニュースなどでも有名な話ですよね。

 

奨学金による借金って、金額がかなり高額になるので、大学卒業後にしっかりと就職して稼ぐことができればいいですが、途中で退職してしまったり、就職に失敗してしまったりすると返済することができなくなります。

 

仮に就職できたとしても色々な借金が重なってしまって返済できなくなってしまい、個人再生を利用するという人も少なくないと思います。

 

では個人再生で奨学金を債務整理するとどのような影響が出るのでしょうか?

 

個人再生で奨学金を債務整理すると保証人や連帯保証人に迷惑がかかる!

 

奨学金には連帯保証人や保証人が設定されており、奨学金が返済できなくなると、申込みの際に設定した連帯保証人や保証人に借金返済の請求が行くようになります。

 

奨学金を個人再生で債務整理してしまうと、奨学金の一部の返済が免除されることになりますが、その免除された部分については連帯保証人や保証人に請求が行ってしまい迷惑をかけることになります。

 

奨学金による借金で苦しんでいるのに債務整理することができない人の理由は、この連帯保証人や保証人が設定されているからなんですよね。

個人再生で奨学金を債務整理対象から外すことはできないのか?

個人再生奨学金外す

 

個人再生で奨学金を債務整理してしまうと連帯保証人や保証人に迷惑がかかってしまうので、奨学金を個人再生の対象から外すことができないのかどうか気になっている人も多いです。

 

奨学金による借金が連帯保証人になっている親などに請求が行ってしまうと家族に迷惑をかけることになるので困るというのが普通です。

 

ただ結論を言ってしまうと、個人再生は債務整理の対象を選択することはできないので、個人再生で債務整理をすると奨学金を対象から外すことはできないと思ったほうがいいです。

 

奨学金を債務整理対象から外して借金減額するなら任意整理

 

奨学金を債務整理対象から外して債務整理する場合には、任意整理を選択するといいと思います。

 

任意整理の場合なら個人再生のように全ての借金が債務整理対象ではなく、自分が選んだ借金について債務整理することになります。

 

そのため奨学金や住宅ローンなどを残して、他の債務を債務整理することが可能です。

 

個人再生は住宅ローンを残したままで債務整理できる借金の減額率の高い方法ですが、こういった融通がきかないところもあるので利用する際には注意しましょう。

 

そもそも奨学金を利用する際にこういった連帯保証人や保証人のリスクをなくして利用することはできないのでしょうか?

奨学金の連帯保証人が機関保証なら個人再生しても影響なし

個人再生奨学金機関保証

 

奨学金を借りる際に将来、奨学金の返済などの借金問題で苦しむかどうかというのは分からないものです。

 

そもそも奨学金を借りる際には、将来返済できないと思って借りる人はいないのではないでしょうか?

 

しかし現実に奨学金返済できなくて自己破産する若者が少なくない現状があります。

 

そのためもしも将来、奨学金による自己破産や個人再生に備える場合には機関保証を利用するといいです。

 

機関保証は連帯保証人が見つからない場合のサービス

 

機関保証は手数料を支払って保証機関に連帯保証人になってもらうというサービスです。

 

奨学金などを利用したいけど連帯保証人が見つからないという場合に利用する人が多いサービスで、親や親類などの代わりに連帯保証人になってもらえるということです。

 

そのため、もし奨学金を債務整理する場合には親や親類が連帯保証人になってないので迷惑をかけずに債務整理することができます

 

機関保証は手数料がかかる分だけ、親が連帯保証人になった場合よりも余計にお金がかかりますが、債務整理をしても親や親類に迷惑をかけずに、自己破産などの債務整理ができるというのは助かります。

 

将来万が一の場合に自己破産することができないリスクを背負うよりは、機関保証を利用してリスクを減らすことも一つの選択肢かもしれないですね。

 

まあ、自己破産や個人再生のお世話にならないことが一番いいのですが、奨学金は学部によっては金額がかなり大きくなるので、親の経済力を超えそうな場合には機関保証を検討した方がいいと思います。

個人再生で奨学金を債務整理するなら弁護士にまず相談しよう!

個人再生奨学金弁護士

 

個人再生で奨学金を債務整理する場合にはあらかじめ弁護士などに相談しておくといいです。

 

個人再生に限ったことではないですが、最近は奨学金を債務整理するという若い人が増えてきているので、こういった相談を受けている弁護士は結構多いです。

 

奨学金だけでなく、他の借金なども含めて個人再生が最適な債務整理方法なのか検討する必要もあるので、いきなり個人再生は依頼するのは賢くないです。

 

個人再生を利用する際には、奨学金だけでなく、他にも連帯保証人が設定されている借金があるかもしれないでの、あらかじめしっかりと借金の内容を精査してから債務整理を選ぶ必要があります。

 

奨学金を債務整理する場合でも、どのような返済条件が結ばれているのかしっかりと検討してから債務整理する必要があるので、最初は相談するところから始めましょう。

 

当サイトでは奨学金を含めた借金問題について無料相談を受け付けているおすすめ弁護士事務所をいくつか載せています。

 

メールや電話を利用して気軽に無料相談が可能になっているので、奨学金返済で困っているなら相談してはどうでしょうか。

 

個人再生の無料相談が可能なおすすめ弁護士事務所

 

無料相談可能なおすすめ弁護士事務所はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加