個人再生後の生活や家族の影響を知ってから手続きしよう!

個人再生後生活家族影響

 

個人再生後の生活や家族などへの影響について、初めて個人再生を利用するような人でもわかりやすいように説明しています。

 

 

個人再生は自己破産のように裁判所で手続きをする債務整理方法ということもあり、任意整理のように生活への影響が小さいという債務整理方法ではないです。

 

そのため個人再生後に公開しないようにあらかじめ生活や家族への影響についてしっかりと確認してから手続きを行うようにしましょう。

 

個人再生は借金理由が問われない債務整理方法で、借金額が最大で10分の1まで減額される非常に強力で優秀な債務整理方法です。

 

しっかりと活用すれば借金問題解消の大きな力になるので一緒に個人再生への影響について検証していきましょう。

個人再生後の生活への影響

個人再生後生活影響

 

個人再生を利用することにる普段の生活への影響についてまとめています。個人再生後に生活で困らないように、あらかじめどのような影響があるのか確認しておきましょう。

 

個人再生後の生活への影響

 

・クレジットカードは数年間利用することができない
・車のローンは数年間組むことができない
・住宅ローンへの影響は?
・新規の借り入れはいつからできるのか?
・会社を解雇される可能性はあるのか?
・滞納した税金も整理されるのか?
・銀行口座が凍結される可能性がある
・スマホの契約への影響とは?
・海外旅行には行けるのか?
・戸籍や住民票に個人再生歴は載るのか?

 

クレジットカードは数年間利用することができない

 

個人再生に限ったことではなく、債務整理を利用すると金融業者間で共有されているデータベースにブラックリストとして掲載されてしまいます。

 

ブラックリストに掲載されると5年から7年くらいはクレジットカードが利用できなくなると思っておいたほうがいいです。

 

とは言っても一生クレジットカードが利用できないわけではないく、数年経過すればブラックリストからは削除されるのでそこまで大きな影響ではないと思います。

 

最近ではクレジットカードの代わりにデビットカードを使う人も増えているので、あまり苦労はないと思います。

 

 

車のローンは数年間組むことができない

 

債務整理をするとクレジットカードの場合と同様に、ローンを組むことも難しくなります。これも金融業者間で共有されているデータベースにブラックリストとして掲載されているからです。

 

車のローンもクレジットカードの場合と同様に5年から7年くらいは新たに組むことができないので注意が必要です。

 

ちなみに車のローンが現在あるような状況だと個人再生をした際に、そのローンも整理されてしまうので車が引き上げられてしまいます。逆にローンがない場合は車を残すことができます。

 

ただ車の場合は審査の緩いローン会社だと5年を待たずにローンを組める可能性もあったりします。

 

 

住宅ローンへの影響は?

 

個人再生は手続きすると全てのローンや借金などに影響を及ぼすので、住宅ローンを払っている家がある場合には、通常は住宅ローンも個人再生によって整理されてしまい、その結果、家を失うことになります。

 

ただ個人再生には住宅ローン特則という制度があり、この住宅ローン特則を利用すると住宅ローンをそのままにして他の借金を整理することができるので、家を残したままで債務整理をすることができます。

 

これって非常に大きなメリットで、自己破産だと問答無用で家が没収されますが、個人再生で住宅ローン特則を利用すると家を残したままで、生活環境を大きく変えることなく債務整理が可能ということになります。

 

子供がいる状況だと家を残しながら債務整理できるというのは非常に大きなメリットだと思います。

 

 

新規の借り入れはいつからできるのか?

 

新規の借り入れは金融業者間で共有されているブラックリストから削除されてから利用できるようになります。

 

個人再生の場合は5年から7年くらいは新規での借り入れが難しくなくなるので、個人再生は無駄な出費をせずに借金しないような生活を心がける必要があります。

 

借金が当たり前の生活の人からすると不安を感じる場合もあると思いますが、借金体質からの脱出のために我慢しましょう。

 

会社を解雇される可能性はあるのか?

 

結論から先に言うと、個人再生をしたからといって会社を解雇されることはないです。個人再生をしたからといって会社に何か影響が生じるわけではないので、そのようなことで解雇になったら逆に問題になると思います。

 

ただ会社からお金を借りている状況で債務整理をすると、会社から借りているお金も債務整理対象になってしまい、会社に損失を与えてしまうことになるので、場合によっては何か処分が下る可能性があります。

 

しかしそういった事情がない限りは個人再生をしたからといって、会社で何か不利益を被ることは考えられないです。

 

滞納した税金も整理されるのか?

 

個人再生をすると基本的には全ての借金が債務整理の対象になりますが、税金に関して例外で、個人再生をしたからといって減額されることはないです。

 

税金は非常に強力な借金で、自己破産したとしても税金に関して免除されることはないので地道に支払っていくことになります。

 

借金問題を抱えていると税金を滞納して、それ以外の借金を返済しがちですが、本当は税金を真っ先に支払うのが正しい借金返済の方法だと私は考えています。

 

税金の滞納は非常にやっかいで、利息も発生し個人再生でも整理できないので、税金の対応には注意が必要です。

 

銀行口座が凍結される可能性がある

 

個人再生後ではないのですが、個人再生手続きをすると銀行口座が凍結される可能性があります。

 

具体的には銀行系のカードローンを使用している場合で、カードが口座に紐づいているような場合が対象になります。個人再生などの債務整理をするとカードローンに紐づいている借金を少しでも回収するために口座に残っているお金と借金が相殺されることになります。

 

そのための手続きによって銀行口座が凍結される可能性があります。ただこのことについてはあらかじめ予想することができ、事前に口座からお金を移動させておけば問題ないです。

 

 

スマホの契約への影響とは?

 

意外と見落としがちなのがスマホ契約への影響についてです。個人再生は全ての借金に影響を受けるということもあり、スマホ契約にも場合によっては影響を与える可能性があります。

 

具体的にはスマホ端末を分割払いで購入しているケースです。個人再生をする際に分割払いのスマホ本体のローンが残っている場合には、このローンも債務整理されることになるので、スマホが利用できなくなる可能性があります。

 

他にも料金を滞納している場合も債務整理の対象になってしまうので注意が必要です。

 

すでに端末料金を支払い終わっていて、料金を滞納してない状況なら引き続きスマホを利用することができます。

 

 

海外旅行には行けるのか?

 

個人再生などの債務整理をすると、パスポートを発行してもらうことができず、海外旅行に行くことができないという都市伝説のようなものがありますが、そのようなことはないです。

 

個人再生を利用しても普通にパスポートを取得して海外旅行にも行くことができますし、何か旅行に関して制限を受けるということもないです。

 

おそらく債務整理を利用した人が海外旅行のような贅沢をしてはいけいないのではないかという考えで広まった都市伝説だと思いますが、あくまでも単なる都市伝説で真実ではないことを明確に断言しておきます。

 

戸籍や住民票に個人再生歴は載るのか?

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法ということもあり、個人再生を利用して借金を整理すると、戸籍や住民票に個人再生によって借金を踏み倒したという経歴が記載されると心配している方もいるようです。

 

しかし個人再生を利用したからといって、そのような経歴が戸籍や住民票に掲載されることはないので安心してください。

 

結婚など婚活を考えている場合に、戸籍など経歴にこういった記載があると不利になるのではないかと思い、個人再生を躊躇する人もいますが、心配せずに利用しても大丈夫です。

個人再生後の家族への影響

個人再生家族への影響

 

個人再生を利用することによる家族への影響についてまとめています。個人再生を利用することで家族に迷惑がかかる可能性があるのかという可能性について不安を感じているなら参考になると思います。

 

個人再生後の家族への影響

 

・家族に直接的な影響はない
・連帯保証人がいる場合は迷惑がかかる
・官報によって家族に個人再生を知られる可能性がある

 

家族に直接的な影響はない

 

個人再生を利用しても家族に直接的な影響が生じることはないです。

 

夫が個人再生をしたからと言って、妻名義のクレジットカードが利用できなくなるということもないですし、子供の進学に不利になるようなこともないです。

 

ただ夫が個人再生をすることで、夫名義の車が利用できなくなったり、夫名義の家族カードが利用できなくなったりなど、生活面で間接的な影響が出てくる可能性は十分に考えられます。

 

連帯保証人がいる場合は迷惑がかかる

 

家族に直接的な影響がないのはあくまでも借金に紐づいた責任がない場合に限ります。

 

もし借金の中には家族が連帯保証人になっているような借金があったとしたら、個人再生を利用することによって、対象の借金が連帯保証人である家族に督促されることになるので迷惑がかかります。

 

個人再生を利用する場合には連帯保証人がついている借金があるのかどうかということも意識するといいです。

 

官報によって家族に個人再生を知られる可能性がある

 

個人再生を利用したい人の中には家族や会社に知られずに個人再生手続きをしたいという人もいるかと思います。

 

ただ個人再生を利用すると政府の機関紙である官報に掲載されるので、家族や会社が官報を読んでいる場合には個人再生を利用したことを知られてしまう可能性があります。

 

とはいっても官報なんてほとんどの人が読んでないので、おそらく個人再生したことを官報から知られる可能性は低いと思います。

個人再生後に後悔しないように無料相談で弁護士に相談しておこう!

個人再生後無料相談

 

個人再生後の影響はその人の借金状況や収入状況によって個々に違ってくるもので一概に判断することは難しいです。

 

そのため個人再生後にどのような影響があるのかということを正確に把握したいなら、弁護士事務所の無料相談を利用して詳しい話を聞くことが重要になってきます。

 

無料相談を利用することで個人再生後の生活を思い描ける

 

個人再生後の生活の影響について、無料相談を利用して詳しい話を聞くことができれば、個人再生を利用した後にどのような生活計画を立てればいいのかを手続き前に考えることができます。

 

「話を聞くだけでも大丈夫なの?」と思う人もいるかと思いますが、無料相談はあくまでも無料相談なので、相談したからといって個人再生を依頼しなくてはいけないということはないです。

 

そのため個人再生を少しでも検討しているなら専門家に話を聞くといいです。

 

自分で個人再生について調べるよりも、専門家からメールでも電話でもいいので話を聞くことができれば、かなり理解度も変わってくると思うので、一度は無料相談を利用したほうがいいと思います。

 

当サイトでは個人再生を含めた債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所をランキング形式で比較しているので参考になると思います。

 

都道府県別の個人再生対応弁護士事務所ランキング
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

個人再生後の家族や生活への影響とは?わかりやすく解説記事一覧

個人再生だけに限ったことではなく、債務整理をすると信用情報がブラックリストに掲載されてしまって、車のローンはもちろんですが、クレジットカードなども利用できなくなってしまいます。個人再生をすると金融業者などからの借金が減額されたりしますが、その事によって金融業者は損をすることになるので、金融事件として取り扱います。そんな金融事件を起こした債務者について、民間の金融業者で共有するデータベースにブラック...

母子家庭で個人再生を利用する人はあまり見かけないですが、実は個人再生は非常に優秀な債務整理方法で、知名度があまり高くないので、検討している人が少ないという側面があります。個人再生は自己破産の次に借金減額幅の大きい債務整理方法母子家庭で個人再生を利用するメリットは大きく、個人再生は自己破産以外なら一番借金の減額幅が大きい債務整理方法なので「債務整理はしたいけど自己破産は避けたい」という場合にはオスス...

個人再生によって借金を減額させたいと思って債務整理の手続きをしようと思っている人は多いですが、そこで気になるのが、個人再生をすることによって車が裁判所やローン会社に引き上げられてしまうのかどうかということではないでしょうか。実際に自己破産した場合には、持ち家はもちろんですが、高額資産である車も没収されてしまうというのは良く知られていることです。個人再生も自己破産と同様に裁判所を通して債務整理する方...

個人再生後にクレジットカードを利用したいと思って審査を受けても、クレジット会社の審査に通らずに苦労している人は多いです。個人再生によって、カードローンやクレジットカードによる借金など、生活を圧迫していた借金の原因が解消されて、ある程度の返済が終わりに近づいてくると、新たにクレジットカードを作りたいと思うのも当然だと思います。ただ個人再生後にクレジットカードを作る場合には、クレジット会社による審査が...

個人再生をすると借金が減額されることになりますが、その際に銀行口座に関連した借入れやカードローンなどがあった場合には、その借入れやローンも債務整理対象になってしまいます。銀行口座に関連した借入れやローンなどが債務整理対象になると、銀行はその口座を凍結することになります。では下記のような場合にはどうなのでしょうか?同一銀行に別支店に口座がある場合その銀行口座は?債務整理対象になっている銀行口座と同一...

個人再生で奨学金を債務整理するということは普通にありえることです。近年は奨学金が払えなくて、債務整理して借金を返済するという人が増えてきているというのはニュースなどでも有名な話ですよね。奨学金による借金って、金額がかなり高額になるので、大学卒業後にしっかりと就職して稼ぐことができればいいですが、途中で退職してしまったり、就職に失敗してしまったりすると返済することができなくなります。仮に就職できたと...

個人再生をするとスマホや携帯電話を機種変更する場合や、新規にスマホや携帯の機種を購入する場合に割賦分割購入できない場合があります。個人再生に限ったことではないですが、債務整理すると基本的に金融業者からの借金を踏み倒すことになってしまうので、信用情報がブラックリストに掲載されてしまいます。信用情報がブラックリストに掲載されるとスマホや携帯電話購入に影響する個人再生などの債務整理をすると、金融機関など...

個人再生は債務整理方法の中の一つの方法ですが、そういった中で、個人再生を利用するとインターネットのプロバイダ契約や料金に何か影響があるのかと気になる人も少なくないようです。もし個人再生の影響によってインターネットが利用できなくなってしまったら、日常生活に大きな影響を与える可能性があります。個人再生で借金返済できたとしても、その影響でインターネット契約が破綻してしまったら、生活ができなくなってしまう...

個人再生を利用して債務整理する場合に、個人再生によって家族カードにどのような影響が出るのか心配で個人再生を躊躇する人もいるのではないでしょうか?そこで個人再生を利用した場合の家族カードへの影響について詳しく説明していきたいと思います。ではそもそも家族カードとはどのようなものなのでしょうか?家族カードとは?家族カードは契約した本人以外に家族もクレジットカードを使えるというサービスになります。安定した...